FC2ブログ

ブログのこと

出産して一週間が経ちました(^-^)/ 妊婦生活とは全然違うベビとの新しい生活を送っています☆

さて、このブログは妊娠に至るまでと出産までの記録が目的で立ち上げました。出産を終えたので、今後は子どもの成長日記を綴っていきたいと思います。

新しいブログ「マメキチ成長日記」
http://mamekichikun.blog50.fc2.com/

今後とも宜しくお願いします☆
スポンサーサイト



出産レポート その5

白い巨塔よろしく先生登場☆

切開怖いよぅ(((゜д゜;)))

でも、先生が来て、私の息みの波を待つこと30秒。息むと同時に、

パチン、パチン!

↑切開の音。

…痛くない。

で、思いきり息んだら、

ニュルン( ̄□ ̄;)!!

頭が出て、後は力を抜いて呼吸を小刻みにしたら、体も一気に出てきました!

先生来て数秒で産まれたよ!! さすが白い巨塔。

で、私のお腹に10ヶ月居座った男が目の前に差し出されて、こんにちは(*^ー^)ノ ちっさいけど髪の毛がちゃんと生えた赤ちゃんでしたw ま、メガネなくてぼんやりとしか見えなかったんですけどね(*u_u)

あと、あまりのスピード出産のため、ダンナは立ち会えませんでした(T_T) 母が出産の報告をダンナにしてくれたんだけど、まだ福島だったそうだ。残念。

産まれた瞬間、これまでのすべてのことが何でもなかったことのように感じました。

2008年5月30日(金)午後12時14分、2726g、49.5cmの男の子を出産。本陣痛開始から約18時間、入院から約3時間という安産でした。

これが私の出産でした。

出産レポート その4

「便意」、それはいわゆる「いきみ感」。

アレです、「まだいきんじゃだめよ!…さぁ、いきんで!もう頭が見えてきましたよ」ってやつ。

はぁ、なるほど。

う○こしたい時の感じでした(*^_^*)

さてさて、そんな感覚が顔をのぞかせたので、助産師さんを呼んで分娩室に移動することになりました! この時、午前10時です。母には分娩室の外で待っててもらうことに。

さて、分娩台に乗って、私はひたすら陣痛の痛みを逃すしかなかったんだけど、助産師さんが励ましてくれたのが良い支えになりました☆ 痛い時は肛門圧してくれたしヾ( ´ー`)

その間も準備は着々と進みます。私は点滴が打たれて、さらに先ほどの赤ちゃんの心拍を見る機械が付けられました。周りの装置やら何やらがだんだん整ってきて、いつの間にか陣痛の合間がなくなって来ました。ここでやり過ごすのもかなり限界にくる。

でも、痛くても自分が呼吸しないと赤ちゃんに酸素が行かなくなるというので、頑張って呼吸法を続けました(T_T) これが一番辛かったかもしれない。

問題はここからです!

息むってどうやるの??

人は息み感に任せて勝手に息むことができるのか?

ムリムリムリ( ̄□ ̄;)!!

私は助産師さんからダメ出しされました(ノ_・。)

「顔ばっかり力入ってて、肝心なとこに入ってないから赤ちゃん下がってこないよー」

と真顔で言われる。

気づいたけど、最後の最後に来て陣痛のお腹の痛いのはなくなり、すごい息み感の後には……

何も来ない\(゜□゜)/
冷静になれる数秒がただそこにはあった☆

何だか急に余裕が出てきて、

「息むときって、どうしたらいいんですか?」

と聞いてみる。

「う○こ出す感じ!」

あ~なるほど。

気持ち新たに、指示に従いながら、息む!息む!息む!

ふー出ない。

例えるなら、一週間便秘でめっさ硬~いう○こが途中で止まって、気張っても出てこない苦しさみたいな感じ。

何度かトライしているうちに、何とか赤ちゃんの髪が見えてくるところまではいけました。触らせてもらえたし~(-.-;)

この時だったかな、助産師さんが、

「鏡持ってこようか。出てくるとこ見えるから!」

と言ってくるましたが、

「メガネ外してるから見えないデス…」

残念。

そうこうしていると、助産師さんの決断が下されました。

息みが良い感じになってきたけど、会陰が伸びないし赤ちゃんもキツそうなので切開しようか、と。

出産レポート その3

待合室で待つこと10分。その間にも陣痛の波が3回来て、4回目の波で苦しんでいるときに名前が呼ばれました。

看護師さんが気がついて駆け寄ってくれて、

「痛みが引いたら立てるかな」

と支えてくれました。

普通の外来だったので、妊婦検診で来ている人の前で苦しんでましたが、こんな姿を見せて済みませんという感じf^_^; ひいちゃうよね…

診察室に入り、内診してもらいました。二日前の検診ではまだ全然赤ちゃん降りてきてないって言われて撃沈していたので、今の状態がとても気になっていました(>_<) で、結果…

「う~ん、すぐ入院だね~」

てことは、だいぶお産進んでるってことかな!?この時は子宮口の開きとか赤ちゃんの下がり具合は聞けなくてちょっと残念…。

さてさて、ここから未知の領域の「二階」に進みます☆ 私がかかっている産院は一階が外来診療のみ、二階が病室と分娩室などの施設があります。お産が始まらないと二階へは行けないのですw 私の目の前で二階への扉が開きました@診察室脇。

エレベーターで二階に上がって、分娩室に近い病室に入りました。痛みは一時間ほど変わらず、一度波がくると動けなくなりましたが、痛くない間は会話ができました。なので、病室に入って着替えてからダンナに入院の報告の電話しておきました(*^-^)b

どうやら今日の仕事は休んですぐに向かってくれるらしい。ダンナは立ち会い出産したいとずっと言っていたからね~

電話してから、助産師さんに内診してもらいました。

「今、子宮口7~8センチ開いてるからね」

えっ∑( ̄口 ̄)

早くない!?

「さっき先生には4センチ開いてるって聞いていたから、進みが早いね」

え~!

朝の内診ですでに4センチ開いてたんだ~ 勝手に、子宮口の開き遅いだろうと思っていたので衝撃的でした(^o^;)

それからは赤ちゃんの心拍と張りを見る装置が付けられました。ちゃんと私が呼吸できていれば、赤ちゃんの心拍は安定する。意地でもしっかり呼吸しなければ(-_☆)

この装置は40分くらいで外され、まもなく10時になろうとする頃、陣痛の痛みがくるとどうしてもお腹に力を入れたい衝動に駆られるようになり、助産師さんを呼んで分娩室に移動することにしました(^-^)/

出産レポート その2

外来診療が始まるのが8時半。病院に電話したのが7時。この1時間半で微妙にお産が進んだような気がしました\(゜□゜)/

まず、7時過ぎに母に、

「8時半の外来行くから~」

「自分で運転してく?」

「いや、ムリだから」

(母、振り向く)

(私はつかまり立ちでヘロヘロ)

「! そりゃいかんわ!」

で、急遽、母は仕事を休んでくれて、準備している間に私は小さいアンパン3つと牛乳を30分くらいかけて食べました。もちろん、陣痛は相変わらず規則的にやって来るワケですよ(-o-;)

この時点で、痛みは結構きつくて、深呼吸の数を数えるようになったかな。7~8つ数えると陣痛が引いていきました。さらに、たまごクラブとかに載ってる「陣痛の痛みを和らげる方法」で、「テニスボールを肛門に押し当てる」というのが紹介されていて、印象的だったので、自分で肛門をぐっと圧してみたのね(-_☆) いやぁ~、ラクになりましたわ~。

「陣痛来たら肛門を圧せ」

試験に出ますから☆

8時を過ぎると、陣痛の間隔が3~5分に短くなったような気がしました。そして痛みが来ているときの深呼吸の回数が12~13回くらいになりました。痛い時間が長くなってる(・_・;)

痛くないときを見計らって、車に乗り込み、即リクライニングを下げました。かなりしんどいです(>_<) 病院まで車で10分。その間に来た陣痛の波は3回。

とーぜん自分で運転できるわけないよね(;_;)

病院に着いたのは8時20分頃でした。

出産レポート その1

夜中に病院に電話してから、陣痛の間隔が短くなるか、痛みが増すか、変化があったらまた電話しようと思い、とりあえず横になってテレビ見ながら過ごしていました。

2時くらいには見たいテレビが終わり、うとうとしながら陣痛をやり過ごしているうちに、空が白み始めてきました。そのあたりからお腹の痛みは強くなってきました(ρ_-)o 痛みはだいたい50秒間あって、痛みの終わりから次の痛みの始まりが5~8分くらい。痛さはかなりきつめの下痢みたいな感じかな(>_<)

しんどかったけど、マタニティヨガ教室で習った呼吸法がかなり効果を発揮してくれました☆ 陣痛が来そうな時に呼吸を軽く吐いて、複式呼吸で鼻から吸い、口から細い息を長~く吐く。これ、自宅でもヨガやりながらやっていたので体に染み込んでましたv(^-^)v 気持ちも落ち着くから、パニックにならずに済みました!

それが良かったのか、悪かったのか、朝7時まで持ちこたえてしまった(-.-;) さすがに痛みは増してるし、親が仕事に出かけるまでに何とか病院に行けたら良いなと思い、再度病院に電話してみました。

「陣痛の間隔は5分おきですが、痛みが増してきました」

「そっかぁ~。初産だからあんまり早く来てもしんどいよ。う~ん…一応外来に来てもらおうか。朝ご飯食べて、それから来てみて」

と言われました。

やっぱり、まだまだ半日や1日はかかるのかなぁ、と覚悟を決める(-"-;)

しかも、「その声じゃまだ大丈夫そうだしね」って∑( ̄口 ̄)

いや、陣痛の合間だからね…。

ついでに、一度ダンナに電話で報告しました。この時初めて、陣痛が来てることを言いました。

「陣痛昨日から来てるんだけど、まだかかるみたいやから、夕方(4時半頃)の飛行機で間に合うんじゃない? 土日休みだしちょうど良いよね。外来で診てもらってからまた連絡するわ~」

と、気楽に告げましたw